思いつきな生活

日々の出来事を記していきます、ときどき写真。

【療養生活】うつ病の療養日記⑦

こんにちは、えびろぶです。

北海道もやっと春らしくなり、雪解けが、ものすごいスピードで進んでおります。

 

私のうつ病の雪解けも早く進めば良いのですが、そう簡単には行かず、うつの塊は、まだまだ溶けずに、脳(心)に留まっています。

今一番苦しい時間は、「何もしていない時です。」

f:id:sykar:20180322104042j:plain

何もしない=仕事のこと、復帰のことを考えすぎて、ドツボの悪循環にハマってしまうということが、今の1番の悩みです。何も考えず、テレビを見るなり、本を読むなりができれば良いのでしょうが、そのことが今の自分にはできません。

いつ、仕事に復帰できるのだろうか?

復帰した後、しっかりと仕事ができるだろうか?

など、今考えても仕方のない不毛なことを考えてしまい、悶々としてしまうのです。

そして、悶々とし落ち着きがなく、訳もなく部屋の中をウロウロと徘徊したり、ベットに篭ったりとして、無駄に神経をすり減らしています。

あるサイトで、うつなどで落ち着かない場合は、以下のことを心がけようというものがありました。

 

良い意味で、諦めて、開き直ってください。

・成り行きに任せる。

・自分のペースで

・できることだけをやる

              ↓

楽になる!!!!

(精神安定剤などの薬は一時しのぎ)

 

昨日からではありますが、上記のことを意識し、少しだけ楽になっている自分がいます。考えてもしょうがない事は考えても意味がないということを頭の中に刷り込み、さらに開き直ることができれば、私のうつの状態は劇的に良くなるなるのかなーと、今、考えながら、このブログを書いております。

 

今週は3回目の無けいれん電気療法を行う予定ですが、上記のことを主治医にもお話しして見たいと思います。

 

以上です。